FP主婦の節約&投資ガイド

ファイナンシャルプランナー主婦が家計のお得な情報を発信します(o^―^o)

ブラック企業対策で優待バブルに黄色信号


f:id:moko03692:20161215075412j:image

これは2016、12、08の日経新聞のトップ記事です。ここ何年か問題視されながらも放置されていたブラック企業問題も、電通の高橋まつりさんの事件をきっかけに、国、企業双方がやっと是正に動き出したようで、大変喜ばしい事だと思います。

しかしこの動きは、投資家にとっては注意が必要です。特に優待株投資をやっている方は注意です。

そもそも、ブラック企業が生まれる理由ですが、少ない売上げの中から、無理して企業が配当や株主優待個人投資家を呼び込み、株価をつり上げる事で会社を保とうとしたという一面があります。その分労働者が割を食っていた訳です。

それがこのような動きで労働者の賃金を上げるとなると、内部留保のない、売上げも少ない企業は、配当を下げたり、止めたり、株主優待を減少または廃止に追い込まれる事が予想されます。

今、優待株はバブル状態と言えます。個人投資家の優待株流行りは過熱していて、「何でこんな企業が?」というような企業でも魅力的な株主優待だけでとんでもない所まで買われているという銘柄が沢山あります。

そういう銘柄はもし株主優待が廃止された場合、とんでもない下落が待っているでしょう。

もし今優待株を持っているという方、またはこれから優待株を買おうとしている方は、是非注意して下さい。

注意するザックリした目安を記しておきます。本当にザックリとしたあくまで目安です。

PBR3倍以上、自己資本比率40%以下、PER30倍以上。

このような数字で、しかも決算で、決算ごとに売上げが落ちているような企業は、要注意です。

日本株は絶好調ですので、今のうちに銘柄をもう一度見直し、危ないと思われる銘柄は利益確定をし、優良な銘柄に乗り換えましょう。

投資術、節約術のYouTube動画、ブログ「FP主婦の相場日記」はファイナンシャルプランナー主婦(夫)の味方社ホームページからhttp://syufumikata.jimdo.com/