読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FP主婦の節約&投資ガイド

ファイナンシャルプランナー主婦が家計のお得な情報を発信します(o^―^o)

株超入門~用語集

株取引には多くの専門用語があり、これで挫折する人も少なくありません。今日は株用語を株超入門と題して解説していきたいと思います。

①特定口座、一般口座、NISA口座

証券会社で口座を作る時に先ずこの意味が分からないという人は多いと思います。ザックリ言うと、特定口座とNISA口座は確定申告の必要がなく一般口座は確定申告が必要です。要するに税金の話で、特定口座は源泉徴収と言って利益から税金をさっ引かれます。NISAは税金が掛かりません。一方一般口座は自分で年始に前年の取引の確定申告をして税金を払わなくてはなりません。しかしこちらは損益通算が出来るので、損失が出た場合お得なのです。

②現物(げんぶつ)取引、信用取引

現物株、等と言う人もいます。ザックリ言うと、現物取引は買いしか出来ません。信用取引空売りができ、レバレッジがかけられます。空売りとは、売りから入る注文。株が値下がりした場合、儲けが出ます。レバレッジとは所持金の何倍もの取引が出来る事。所持金より多い金額を投資する事をレバレッジをかけると言います。普通株レバレッジは3倍までです。FXはもっとレバレッジが高くでき、先物なんかももっとレバレッジが高くできます。レバレッジデイトレ等有効な場合もありますが一般には危険なものです。

四季報(しきほう)

企業の情報をまとめた雑誌。会社四季報


f:id:moko03692:20161129104700j:image

春夏秋冬年4回東洋経済社から発売されています。主に株取引の参考にプロアマ問わず使われています。日本の上場企業が網羅されているので、就活等にも使われます。

④チャート

ロウソク足(あし)チャートとも言う。


f:id:moko03692:20161129105151j:image

こういうもので主に5分足(あし)、日足(ひあし)、週足(しゅうあし)、月足(つきあし)等に別れます。株価の高値、底値、始め値、終値をロウソクの形で表したものです。日本人が考案したもので、海外でも好んで使う人は多いです。

④指標

株取引の参考にするさまざまな数字です。PBR、PER、ROA等沢山ありますが、意味や計算式よりも基準となる数字を何となく頭に入れる事が有効です。詳しくは当ブログの「ブラック企業も爆騰株も四季報」をご覧下さい。

 

どうでしょうか?理解出来たでしょうか?また機会があったら第2弾、第3弾とやりたいと思います。質問等どんどんコメントお寄せ下さい。ご拝読ありがとうございました。

投資術、節約術のYouTube動画、ブログ「FP主婦の相場日記」はファイナンシャルプランナー主婦(夫)の味方社ホームページからhttp://syufumikata.jimdo.com/